鳩による被害と駆除方法|法律に沿った対策方法

効果のある対策サービス

男性作業員

マンションのベランダや車の屋根などで鳩の糞が落ちているのを目にしたことがあるかと思います。こういった鳩の糞による被害は「鳩害」という言葉ができるほど注目されています。しかし、鳩はゴキブリやハエなどのように駆除することができません。なぜなら、鳩は鳥獣保護法という法律によって守られているためです。そのため、鳩害を止めるなら傷つけることなく追い払うといった方法になります。追い払う方法の1つで忌避剤を使うというやり方があります。忌避剤とは、鳩が嫌がる臭いを放つ成分が含まれている物です。これを鳩がよくとまる場所に塗っておくと効果的です。忌避剤には、スプレーや固形タイプ、ジェルタイプのものにわかれます。これらの種類は場所によって使い分けることができます。スプレー剤であれば、ベランダなどに虫除けスプレーのような感覚で塗っておくと約3時間から4時間ほど効果を持続するとされています。固形タイプは防虫剤などのように吊るして使うタイプです。吊るすタイプなので鳩がとまりやすいような物干し竿などにかけて対策することができます。ジェルタイプは、持続期間が長く、約1年から1年半ほどは持つとされており、ジェル状なので鳩が乗ると足にまとわりつきます。
こうした対策は鳩害専門の業者に依頼することもできます。駆除の対策法はいろいろあり、上記の方法も実際は利用されていますが、使用される忌避剤は専門業者の取り扱っているもののほうが高い効果を期待できます。料金もそれぞれの業者によって違ってきます。依頼する前に、電話やネットなどから見積もりすることもできるので、そういったサイトなどを活用しましょう。また、鳩害専門の業者に依頼した際には、アドバイスを受けることもできます。